車を売る前に車種の特色を知る

車を売る前に車種の特色を知る

中古車査定サイトを利用する場合に基本となるフォームに入力するのはメーカーや車種名、年式や走行距離などですが、仮に年式と走行距離とメーカーが全く同じであった場合に車種だけが違う車があったとして、査定を受けてみると両者では買い取り査定額に大きな差が出ることがあります。

 

もちろん車種によって新車で売り出された時の金額には差が出るのが普通なので、一概に比較することはできませんでしたが、仮に新車として販売されていた時の金額が同じであっても車種によって査定額に大きな差が出るのは普通です。

 

また、車種によっては時期で買い取り価格に大きな差が出るケースもあるので、少しでも損をしない取引をしたいのであれば売却を検討している車がどのようなタイミングで中古車査定額が高くなるのかということもあらかじめ調べておくとよいでしょう。

 

特に軽自動車は需要が増える時期が明確に現れやすく、学生が運転免許を取得する時期に重なる冬から春先になると最初から高級な普通自動車に乗るのはぶつけてしまうことが心配などの理由から安い中古の軽自動車に乗るケースが多くなります。

 

この時期だと廃車寸前の車であっても中古車査定において買い取り価格が付く場合もあるので、もし車を手放すタイミングがいつでも大丈夫だと言う場合は需要が増える時期を狙うのがお得です。

 

また、デザインが変わる場合は変わる前に手放さないと一気に価値が下がってしまう場合があるので注意が必要です。